まさかのEDで驚く男性

エッ、まさかのED!?

シマッタ、まさか自分がEDに!病院にかかれば高額な医療費が!と思うかもしれませんが、安心してください、色々な方法があるんです。もちろん医療機関もひとつの手段ですが、処方薬以外の治療薬なども色々あるので、そのような方法もアリかもしれません。

EDであることを周りの人に言うべきか

対象によってそれは異なります。なるたけ公言したくない話題になりますので、言いたくなければ言う必要はありませんが、特定のシーンを想定するときに限り、周りの人に告白するべきことがあります。そのようなシーンから見てみれば、言うべき言わざるべきかを判断できるはずです。パートナーにはなるたけ告白しておいた方が良いでしょう。性的興奮があるのに勃起しないのがEDであり、なにもパートナーに飽きたわけではない症状です。パートナーの浮気をしているなどといった余計な詮索や女性としての魅力が失われたなどと傷つける可能性もある症状です。その誤解を解くためにも発言していた方が良いです。また、タダラフィルを主成分として含むED治療薬を服用する方は少なからず生活習慣病のリスクファクターを持っていることがわかっています。狭心症や心筋梗塞は命を奪う可能性がある病気です。仮にED治療薬を服用し、セックスをしている最中に発作が起きてしまうと、別の治療法を選択しなければなりません。医療従事者がそれを理解していなければ適切な治療ができませんので、服用していることをパートナーに伝えていた方が良いこともあります。また周囲の男性を助けることにもつながる可能性があります。意外にEDで悩んでいる男性も多いです。以前までは加齢によりEDを発症すると言われていましたが、現在はそのようなことはなく若い人でも発症することもあります。悩んでいる男性を救うことができます。それは彼女や奥さんの悩みを解消することにもつながるでしょう。周囲の男性に下半身の元気がなくなったときの対処を知っていれば、周囲がハッピーになる可能性もあります。あくまでも可能性の話になりますが、そのようなハッピーな世界を夢見るのであれば公言した方が良いこともあるはずです。

EDを未然に防ぐ為に気を付けるべき事

EDを未然に防ぐために気を付けるべき事としては、以下のような事が挙げられます。まずはストレスをため過ぎないことです。ストレスがたまり過ぎると、勃起が果たされるために必要なファーストステップである性的刺激に対する感受性が鈍くなったり、そこに対する集中力が低下しやすくなります。これはまた肉体的疲労がある場合にも同様です。ですから、ストレスとは適度な距離を置き、肉体的にも元気でいることが必要です。それから性的事柄や性交渉に関して悩みがある場合は、それをひとりで抱え込まないことも気を付けるべき事です。こうしたこともやはり性的刺激に対する支障となりやすいため、できれば早期に解決しておくことが求められます。また性交渉のパートナーとの間に何かしらの問題がある場合も同様です。話し合うことには勇気が必要ですが、その勇気がEDを未然に防ぐことにもつながるかもしれません。そして生活習慣においては、神経や血管、血流の機能を低下させないように努めることが必要です。神経や血管、血流を低下させる疾病の代表格と言えば、糖尿病や高血圧に代表される生活習慣病が挙げられます。これは文字通り、生活習慣の積み重ねが物を言う病気ですから、生活習慣に気を付ける必要が大きいと言うわけです。食事においては暴飲暴食は避け、栄養バランスの良い食事を摂取することが求められます。EDに効果が期待できる成分、亜鉛が含まれている牡蠣や青魚は特に積極的に摂取しておきたいです。また血管の柔軟性を保ち、血流を促進するために適度な運動習慣を持つことも効果的です。喫煙習慣がある人は、それにより血管や血流に支障が発生する可能性が大きくなるので、できれば禁煙することが望ましいです。また不安を感じた場合には、早めに医療機関に相談をするのも重要なことです。それにより症状の進行を防ぐことができ、効果的な対策をとることができます。

自分がEDであるか確かめる方法

自分がEDかどうかを確かめる方法としては基本的に性行為を行った時に不満を感じるかどうかで良いのですが、ただそれだけだと今ひとつ信憑性にかけたものになってしまうでしょう。そうした際に自分がEDかどうか確かめる方法となるのがIIEF-5というテストです。このIIEF-5は国際勃起機能スコアと呼ばれており、男性の勃起機能に問題がないかどうかを知るためのテストとして扱われています。設問は5つあり、それぞれに対して不満を感じている場合は1点、良くも悪くもない場合は3点、全く問題ない場合は5点というように点数をつけて行って、その合計点数でED症状の有無を確認するのです。設問としてはまず勃起を維持する自信があるかどうか、続いて性的刺激による勃起は何回挿入可能な硬さになったか、さらに性交中に何回勃起を維持できたか、性交を終了するまでに勃起を維持するのは困難だったか、性交による満足感は得られているかとなっています。これらで状態が悪い、不満を感じているという場合は低い点数をつけて問題ない、満足しているという場合は5点を上限として高い点数をつけてください。これで合計点数が22点以上であればEDである可能性はほとんどないと判断できますが、17~21点の場合は軽度EDの疑いあり、12~16点の場合は軽度~中、8~11点の場合は中度、そして5~7点の場合は完全にEDであるといった診断がされることになります。もちろんこれは単純なセルフチェックであるため、点数が低いから必ずEDであると断言できるわけではありません。しかしこのセルフチェックを行って21点以下になった場合にはEDを疑えるということになりますから、気になるようであれば早めに専門の医療機関を受診するようにしてください。

■ED治療薬で有名なバイアグラに関して知ろう
バイアグラ服用時の注意事項
■EDが原因で中折れになってしまったら薬を飲んで、パートナーを驚かせましょう!
中折れは薬で予防する
■EDになったら副作用の少ない治療薬の服用を推奨します
タダシップ